そあら社長の不動産投資と手帳活用術

不動産投資とリフォームを紹介します。日々の行動を考えるツールとしての手帳術も公開。

これから物件を買いたい人へ~自分にも言い聞かせ

これから物件を買いたい人へ~自分にも言い聞かせ
 
2019年以降、不動産投資は買い時なのか?について考えてみたいと思います。
 
まず今の時期は買い時か?
 
私自身は、waitingだと思っています。
 
ここ数年、不動産投資物件、特にアパート系は供給がとても
多かったと思います。ブーム的なものとサラリーマンに対して
銀行融資がゆるゆるだったことが要因だったと思います。
 
かぼちゃの馬車に代表されるように、サラリーマンが簡単に
1億の融資を受け不動産投資を簡単に始めるといった、
ちょっと考えれば異常な状態が普通に行われていました。
これには、悪徳不動産業者と銀行のタイアップがあって
出来た一種の離れ業ではありますが。
 
コンプライアンス違反、エビデンス改ざん、投資物件を
売るためには何でも有りといった無法状態だったと思います。
 
こういった背景を考えると、利回りも作られたものであり、
家賃保証も売るためだけのセールストークだったわけで、
今後さらにそういったことが表面化して、実際の利回りが
もっと下がってくることが予想されます。
 
すると、現在の物件は金額を下げなければ売れなくなる状態が
来るはずです。既に物件価格は下がり基調にあるように思えます。
物件価格が下がり始めると、買いたい人達はもっと下がるんでは
ないかと購入を慎重になることが予想され、物件価格は下がっていきます。
 
更に銀行融資が引き締まりつつあるので、購入者が買いたいと思っても
融資が出ないといったことも起こります。
こうして、もう一段物件価格は下がることになります。
先日、地方銀行の担当者と話をした時に、「サラリーマンへの
投資物件の融資はかなり厳しくなっています。もっと言えば
ほとんど融資をする状態では無いです。」と言っていました。
 
では、いつが買い時か?
 
上記のことを踏まえると、投資家目線から見れば「物件価格は
下がる。利回りの高いものが増える。売り手はなかなか売れない。
反対に買い手はより取り見取り」と買い時のようにも思えます。
 
これからの大きなイベントを考えてみます。
2019年5月 大型連休10連休
2019年10月 消費税増税
2020年8月 東京オリンピック
 
2019年5月の大型10連休は、日本国民みんなが盛り上がることと
予想されます。改元もお祝いムードで迎えることは初めてでもありますし。
しかし、ここを境に経済状況は緩やかに下降していくのではないかと
思っています。
10月の消費税増税による駆け込み需要。なんとなく損する気分の中で
消費は一時的に盛り上がると思います。
増税後は、間違いなく財布の紐は固くなります。
そんな中、2020年8月のオリンピックが近づくにつれて少し経済的にも
世間的にも盛り上がると思われます。
 
この間、不動産投資の状況はどうかといえば、緩やかに下落でしょうか?
一貫して銀行の投資に関する融資は厳しいと思うからです。
 
そして、オリンピックが終わると経済は完全なる下降トレンドへ移行する
と思います。
当然、不動産市況・投資市況も下降トレンドになると思います。
 
ここからが、本格的な買い場だと思っています。
2020年秋以降ですかね。
この時までに、キャッシュリッチな状況を作りたいと思っています。
 
終わり。
 
 
 
2019年2月初頭 考えをまとめてみました。
買いたい気持ちを抑えるように、自分に言い聞かせ。
 
でも、いい物件が出たら、考えちゃうかも・・・
 
 

 

読者になるボタン ポチっとな。

 

 

↓ ↓ クリックお願いします。(o*。_。)oペコッ

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村