そあら社長の不動産投資と手帳活用術

不動産投資とリフォームを紹介します。日々の行動を考えるツールとしての手帳術も公開。

ちょっとした店舗の階段廊下のリフォームとダウンライトの有効活用方法

管理を任されている店舗の階段回りをちょっとリフォームしました。

 

鉄砲階段で暗いとの事だったので、ダウンライトを増やしてみました。

ちなみに階段上部は昼白色です。

 

階段上ったところは、電球色になっています。

 

電球色の方が雰囲気がでていいと思いますが、

同じ60W相当の器具でも電球色と昼白色を比べると

電球色の方が暗く感じます。

 

f:id:hrion93:20191215155625j:plain

 

下の写真が昼白色です。

 

 

f:id:hrion93:20191215155633j:plain

 

ダウンライトの上手な使い方を紹介します。

 

最近の主流はダウンライトの大きさが100φ(10cmほど)です。

光の広がり方が狭いので、ダウンライトの距離を近くに配置するのが

おススメです。

 

今回の場合は、2灯づつを近づけて配置しています。

住宅の場合などでは、主照明としてダウンライトを使うなら

4灯とか6灯をまとめて配置することで、従来のシーリングライトの

代わりとして明るさを確保することが出来ます。

 

以前は、ダウンライトは間接照明としてちょっとしたアクセントで

使われることが多かったです。

例えば、主照明(シーリングライト)を中心として四隅にダウンライトを

配置するなんてことが多かったと思います。

もしくは小さい空間(例えばトイレ・洗面所・廊下など)の

照明として使われていました。

 

が、最近は住宅・店舗など共にダウンライトで明るさを設計することが

多くなってきています。

天井面がスッキリするので、私も好きです。

 

所有物件のリフォームで、居室の照明をダウンライトだけに変更することは

頻繁に行っています。

 

f:id:hrion93:20191215155552j:plain

 

どこかのリフォームで、主照明にダウンライトを使うことが

あったらまた別にご紹介します。

 

今回は以上です!

 

 

 

 

www.wdrops.com

 

 

読者になるボタン ポチっとな。

 

 

↓ ↓ クリックお願いします。(o*。_。)oペコッ

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村